• めがね先生

9月11日~17日:ピストルの手

こんばんは


女性、初心者のための古武術護身術教室「ekoLAB」の岡野です👓



だいぶ日が短くなってきました🌙*゚


少し前までは教室に向かう最中はまだまだ明るかったのですが、今では教室に向かう電車に乗る時には日が沈んでいます💦



残暑は厳しいですが、秋も感じる時期になりました(*^^*)





■八尾教室


掴まれた手から相手をコントロールする練習でした🙌


先週の天王寺教室とほぼ同じ内容です👍

少し違うのは最後に後ろから手を持たれた状態から逃げるのを追加しました😊





難しいように見えますが、することは正面から持たれた時と同じです


先週体験から入会された方やなんば教室から遊びに来られた方、親子での体験とにぎやかな教室となりました😆










■なんば教室



生徒さんからのリクエストがあったのですが、なかなかできなかった杖術…


やっとできました💦

お待たせしてしまいました😰




基本の振り方と受け方を練習しました🙌



来月からちゃんと杖の練習日を決めて定期的にしていく予定です🙆‍♀️



杖同士が当たるとコーンといういい音が鳴るので杖の日はそれだけでストレス解消になります😊








■天王寺教室



今日は円で動く練習をするつもりでしたが、練習途中でテーマを変えてピストルの手の練習でした💦



柔術の技はいろいろなコツの集合で技が掛かります。



ピストルの手は相手を握る時の持ち方で


・支点力点を意識する

・力の方向を定める

・伸筋を使う

・手の内に遊びを作る


などの意味があります。






今回はとくに上のテコを意識するのと力の方向を定めることを重点的に説明して練習して頂きました(^ ^)


ピストルの手は文字通り、人差し指と親指をピーンと伸ばして中指薬指小指を握り込んで影絵のピストルのような手を作ります。


ピストルの手のまま人差し指を下に向けていくと小指が支点、親指が力点となりテコの原理で少ない力で技を掛けることができます。



両手でギュッと握るといかにも力が入って技が掛かりそうですが、力でいくとより大きな力には敵いません💦




技は最初の段階ではテコを使って技をかけます。

テコを使うことで女性や力の弱い人でも大きな力を出すことができます👌



ピストルの手で四方投げや小手返しなどを練習しました🙆‍♀️






次回はなんば教室です


随時生徒募集中です🙌

興味のある方はぜひ1度無料体験にお越しくださいm(_ _)m





最後まで読んで頂きありがとうございました🙇‍♂️

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示