• めがね先生

12月7日難波教室~足運びの練習と当身を入れて技を掛ける練習~

こんばんは❗️



女性、初心者のための

古武術護身術教室「ekoLAB」

の岡野です👓




難波教室でした!



今日は最初はマンツーマンだった

ので足運びの練習をしました✨




普通に歩いていくと

相手に対して向かい合う形

になるので正中線(身体の真ん中を

通る鼻や喉など人間の弱点が

揃ってる線)が相手が攻撃しやすく

なるのと相手が攻撃できる面積が

増えます。

なので正中線を遠くにもっていき、

攻撃が当たる面積を減らすため

足を前後にさせて身体の

側面を相手に向ける半身と

いいます。



できるだけ正中線を相手に

晒さないようにとバランスよく

動けるように足運びの練習を

しました(^^)




途中からもう1人来てくださった

ので、一緒に足運びの練習を

したあと技の練習をしました❗️



技の練習は「当身を入れて崩して

技を掛ける」練習をしました。




普段何気なくできている技でも

違う工程が入るとそっちに気を取られて

しまったり、足運びが違ってきたりで

できなくなってしまいます💦




ひとつひとつの動きを丁寧に

するように気をつけて

ください(^ ^)




次回は天王寺教室で

お待ちしておりますm(_ _)m



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

1月8日天王寺教室~練習初め~

こんばんは❗️ 女性、初心者のための 古武術護身術教室「ekoLAB」 の岡野です👓 天王寺教室でした❗️ 今日は四方投げだけを いろいろな掛け方で 延々と練習しました✨ もともと大和流の技のほとんどが 肩を内に回すか外に回すかの 2種類です。 技の原理が共通しているので 1度コツを覚えるとほかの技も 上達するので初心者でも覚えやすく できています(^ ^) 四方投げは肩を外に捻る方の 技です。

©2018 by 古武術護身術教室「ekoLAB」. Proudly created with Wix.com

​(画像などの保存・転載は固くお断り致します)

  • Instagramの社会のアイコン